日本一のプラム産地南アルプス市の深沢農園です。

FrontPage/tsto

深澤農園 作業日誌


画像の説明
画像の説明

6月14日
大きさを揃えて、箱に入れ出荷します。


画像の説明

6月13日
一番早い収穫の大石早生種も色付き収穫の時期になりました。


画像の説明

画像の説明

6月10日
房数を決めて粒数を整えて傘掛けを行いました。


6月7日
ジベレリン処理で種無しになったブドウを大きくするために、2回目の
ジベレリン処理を行いました。


画像の説明

5月28日
今年も「貴陽」の傘掛けが終わりました。
 7月の収穫を待つばかりです。


画像の説明

5月25日
種無しブドウにする為ジベレリン処理を行いました。


画像の説明

5月24日
ジベレリン処理を行う準備として房づめ作業を行います。


画像の説明

5月24日
ブドウの房もこんなに伸びて来ました。


画像の説明

5月14日
ブドウは、伸びてくる新梢を誘引して行きます。


画像の説明

5月14日
貴陽も大きくなりました、傘かけを待つばかりです。


画像の説明

5月14日
摘果作業を終えた「貴陽」です。


画像の説明

4月20日
今日も、南アルプス市は小雨が降っています。
3月下旬に人工授粉を行った「貴陽」もマッチ棒の頭位になって来ました。


画像の説明

4月9日
今年は、雨がよく降りますが合間に草刈を行いました。
当園は草生栽培ですので乗用草刈機(モア)で畑を回ります。


画像の説明

3月31日
落合地区はプラム(すもも)の花が満開に成りました。
今年は、昨年より1週間ほど早いです。


画像の説明

3月28日
貴陽、以外のプラムは刷毛(ダチョウの羽根で作ったもの)に花粉を付け授粉を行います。
立木仕立ての作業の様子です。


画像の説明

人工授粉

3月26日
「貴陽」の授粉作業を始めました。
貴陽は、梵天を使って授粉(交配)を行います。
棚仕立ての様子です。


画像の説明

3月26日
「貴陽」の花もだいぶ開いてきました。


画像の説明

3月24日
自然乾燥させた花蕾を解葯器かけて花粉を取ります。


画像の説明

花粉採集のため、開花直前の蕾を集めます。


画像の説明

3月21日
プラムの授粉樹「ハリウッド」の開花が始まりました。


画像の説明

整枝、剪定

3月2日
スモモ、の選定作業も終わり、花が咲くのを待つ季節になりました。
(立木栽培)


画像の説明

3月2日
こちらは、棚栽培になっている「貴陽」の状況です。


画像の説明

誘引作業

3月2日
こちらは、ブドウです。
ブドウは剪定後、枝の誘引作業を行います。


画像の説明

誘引作業は、テープナーという器具を使い、テープで止めていきます。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional